握手をするビジネスマン

資産売却

賃貸物件とは異なり、所有している物件は自由に売買することが可能です。この売買方法などは所有者が決めることができますが、主に任意売却などで仲介をい不動産業者に依頼することがあります。

この記事の続きを読む

仕事場へ向かうビジネスマン

セミナーに行く

不動産をしっかりと売る方法について教えてくれるセミナーに参加することによって、本格的な行動を開始することが出来る、ということがあるでしょう。見つけたら、積極的に参加してみましょう。

この記事の続きを読む

裁判で使用するハンマー

再開発に伴う利用

長年使用されてきた建築物は現在多くのものが取り壊されたりしています。これは耐久性などの問題があります。不動産業者は中古物件などで使用できるものを修繕して再利用することがあります。

この記事の続きを読む

収益方法

不動産業者は数多くあり、物件を保有していますが、基本的にこれらの物件は不動産業者のものではなく、他に所有する人がいます。不動産業者はこれらの売買を仲介することで利益にしています。

この記事の続きを読む

物件の付加価値

中古い物件などはデザイン性や機能性から、現代に似つかわしくないものが多数あります。投資家は、これらのものを修繕し、他者に貸し出すなどの方法で収益をあげる人も多く、有効に活用しています。

この記事の続きを読む

サービスの種類

マンションを売る前には、希望額を実現させる方法を押さえておきましょう。複数社に見積もりを掛けることが大切ですよ。

デスクで仕事をするビジネスマン

最新の地価公示で商業地の価格が数年ぶりに横ばい傾向となりました。しかし、宅地については今だに下落傾向が認められていますので、一般の不動産が値上がりすることを期待するのは難しいのが実情です。また、大手企業では久しぶりの大幅ベースアップが実現され社員の喜びの声が聞かれていますが、その恩恵が中小企業労働者や非正規雇用社員に波及するには今しばらくの時間がかかると考えられています。そのような状況を背景にして、住宅ローンの返済に行き詰まってしまう人が相変わらず一定数出現しています。従来は債権者のなすがままに任せて自宅を競売にかけられてしまう人が大半だったのですが、少しでも損失を低く抑えるために任意売却を選択する人が多くなってきています。うまく任意売却することができれば、それだけ早く再起を図れるようになりますので、今後は任意売却を選択する人が多くなるだろうと予想されています。

自宅の任意売却を希望している場合には、任意売却の専門業者に相談してみるのが一番です。まだ住宅ローンが残っている自宅を売るためには、債権者の協力を得る必要があります。抵当権が設定されたままで売却することも可能ですが、現実的なことを考えるとそのような物件を購入する人はまずいません。ですので、売りたいのであれば抵当権を抹消する必要があるのですが、残債が残っている物件に設定された抵当権を簡単に抹消してもらえるはずがありません。素人が直接金融機関が交渉しようとしても、まず相手にしてもらうことができませんので、豊富な任意売却実績を有する専門業者に間に入ってもらうようにするのが得策です。良い業者を利用することができれば、有利な条件で任意売却できる可能性が出てきますので、早めに専門業者に相談してみるようにした方がよいでしょう。